救急医療の今を知る

看護師と日本の救急医療の問題について。

向学心と責任感が求められる看護師

救急医療の現場で働く看護師は、医療における中心的な役割を果たしているという認識が必要です。患者が助かるかどうかを決定し得る診療の順序を判断する役割を果たしているからであり、その能力の高さが重視されています。治療が成功するかどうかは早さが要求される場合もあるため、後から来院した患者であっても救急の場合には優先して診療に回さなければならないこともあるのです。

その判断力を備えていることが大切であり、看護師が治療の成功の可能性を決めていることが多いのが現状ともいえるでしょう。正しい判断を下せるようにするために欠かせないのが向学心と責任感です。来院した患者と少し話をするだけで正確に容態を把握して、どの程度の優先度で診療に回すべきかを判断するには十分な知識を持っていることが欠かせません。稀なケースであっても逃さないようにするためには、広く医学に興味を持っていることが不可欠でしょう。

また、自分の判断が患者の治療に大きな影響を与えることを理解して、責任のある仕事をしているという意識を持たなければなりません。順番を一つ遅らせただけで患者の容態が急変してしまう可能性も否定できないからです。要求が高い分だけやりがいもあるのが救急医療の現場ですが、医師も数が少ないことから看護師頼みになっている現状があります。高い意識を持って救急医療の現場で働くことを決意することが大切であり、現場からも優秀な担い手が求められているのが現状です。

この記事では簡単に、看護師のことを紹介しました。より詳しく救急医療に携わる看護師のことを知るのであれば、http://kinkyuiryo-ima.comがオススメです。